遠隔診断(画像読影診断サービス)

レントゲン読影は獣医療において、初期に行う重要な画像診断です。人医で行われているように、近年では専門的なセカンドオピニオンを、獣医師が受ける意味でも放射線科の獣医師に読影を委託することは重要となってきています。

当院ではX線(レントゲン)検査、CT検査、MRI検査の遠隔読影診断を動物病院のみ対象として、画像診断サービスを提供しています。(提携動物病院登録[※無料]が必要です。)

報告書の発行(PDFとFAX)と専門獣医師から電話による報告を組み合わせて、今後の方針のアドバイスも同時にしています。

DICOM画像の場合にはインターネット環境を利用したデータの送受信にも対応しています。

当院とのネットワーク設定に関心のある動物病院様は、設定・準備などがありますので新潟動物画像診断センターまでお問い合わせください。

※飼い主様からの直接の依頼は請け負っておりません。

※対象動物は犬猫のみです

遠隔読影の案内201801.pdf
PDFファイル 312.9 KB

初めて読影を依頼する動物病院様は、まず提携動物病院登録をお願いします。

提携動物病院登録申し込み用紙をFAXいただき、引き続き読影依頼書を送信フォームまたはFAXにて依頼をかけていただくと同時に画像データを送っていただきます。

画像転送は、送信専用端末の設置が使いやすいため推奨していますが、そのほかにメール・宅ふぁいる便・郵送などにも対応しています。

メールの場合には、nagaoka?niigata-aic.co.jp 

?を@に変更して画像データや血液検査データなどをお送りください。

遠隔診断をご希望の動物病院様は、下記のPDFファイルの依頼書をFAXまたは遠隔診断依頼書フォームをご記入の上、送信をお願いします。

血液検査など添付の資料がある場合にはメールまたはFAXにてお送りください。

こちらを記入の上、FAXまたは郵送してください。
遠隔診断依頼書.pdf
PDFファイル 94.4 KB

遠隔診断依頼書フォーム

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です